パンタナール初日 撮影拠点

パンタナール湿原内での宿泊場所はホテルとは呼びません。ロッジと呼びます。このロッジとは農場が経営している宿泊施設のことを主に言います。

パンタナール内での撮影初日の撮影拠点は” POUSADA RIO CLARO ” http://pousadarioclaro.com.br


パンタナール 縦貫道を脇にそれて10分ほどで到着です。

このロッジに到着する頃には車はこんな感じになってます。


入り口はこんな感じでリゾート感があります。

敷地中に入ると大きなプールがあり、欧米の旅行者たちがプールサイドで読書をしていました。のんび〜りな時間が過ぎています。


ロッジの全体はこのようになっています。あくまで農場のため娯楽施設は周りには何もありません。ここに滞在する旅行者の多くは野生動物の観察が目的なため何も無いわけです。近くに川が流れていて雨季にはこの川は氾濫します。


川も近くにあるためここのロッジの周辺にはカピバラのファミリーが住み着いています。

ロッジのスタッフの情報にもよると朝に高確率で出没するとのこと。そのファミリーをターゲットにパンタナールでの本格的な撮影スタートです。