パンタナール北部の都市 『クイアバ』

サンパウロから約2時間のフライトで内陸の都市”クイアバ”に到着します。

そのフライト中の窓からの景色です。

真っ平らです。乾季のため焦げ茶色の大地と川が広がります。

ブラジルというと、アマゾンやジャングルの大森林を想像させるかも知れませんがここパンタナールではそう言った景観ではありません。

そのような地上の風景になってから約1時間ほど飛行すると、いよいよ空港に到着します。


クイアバ空港は日本の地方空港のようなサイズ感です。

飛行機が着陸して停止するとタラップが設置されます。ここの空港では沖止めしかありません。そのため、空港スタッフや運搬車両などの作業機械が行き交う中、屋外を歩いて空港建物内に入ります。