メキシコ保安検査 写真家は要注意!

メキシコに到着して飛行機を降りるとまず初めに、入国審査があります。

難しいことは何もなく機内で書いた入国カード、パスポート、ブラジルまでの搭乗券を審査官に見せて、場合によっては簡単な質問をしてくるので質問に答えるだけです。


ここを通過すると預け荷物の受け取りを行うバゲッジクレイムですがメキシコから南米間もアエロメヒコを利用する場合は、直接最終目的地まで届けてくれるので荷物は出てきません。そのままトランジットで乗り継ぎをします。


次に保安検査です。

荷物が多くない方は一般的な保安検査となんら変わりは無いので不自由なく通過できます。

しかし、カメラのレンズが多い方は要注意!!

私場合、バッグをX線にかけると保安検査官の顔が渋りました、、、

すると、何人かの検査員がぞろぞろと集まってきて何か話しています。メキシコはスペイン語なので、何を話しているのかわからず。ですが、よく無い雰囲気です。

「バッグを開けろ」と言われましたが私は何もやましい事は無いので素直に開けます。

これこれ。これは何?と指で示されました。それは、500mmのレンズでした。