南米への航路

2019年の夏現在では、日本から南米への直行便はありません。

そのため必ず、乗り換えをしなくてはなりません。

そのルートは大きく分けて4あります。

①北米経由

②中米経由

③中東経由

④欧州経由

無理やり4つに分類しましたがとにかく、日本の真裏の大陸なので

様々なルートがあります。

その中でも私は今回、中米のメキシコ経由で航空会社は”アエロメヒコ航空”を利用します。

日本からメキシコへはANA、JAL(コードシェア便)、アエロメヒコ

の3社の航空会社が飛行機を飛ばしています。

日本のレガシーキャリア2社が共に飛行時間12時間以上のメキシコまで飛ばしているんです!



さらに言うと、

スターアライアンス【ANA】、ワンワールド【JAL】、スカイチーム【アエロメヒコ】

の世界三大アライアンスが勢揃いしてます!びっくりなルートな訳です!


そこでなぜ、あえて日本の航空会社を利用しないかというと、

アエロメヒコが加盟するスカイチームのアライアンスは航空券価格が比較的安いためです。

アエロメヒコは、メキシコのレガシーキャリアです。

そのためCAが全員、日本語が話せる訳ではありません。

英語に不安がある方はANAやJALを選択された方が安心だと思います。



今回の私の航空経路は、


成田国際空港【日本】→メキシコシティ国際空港【メキシコ】→

グアルーリョス国際空港【ブラジル】→クイアバ空港【ブラジル】


北パンタナルから1番アクセスしやすいブラジルの内陸地方空港の”クイアバ空港”まで

日本からの搭乗時間のみを合算すると、およそ24時間です。

それぞれの経由する空港での乗り換え待ち時間を含めると

1日半から2日を飛行機移動に費やします。


めちゃくちゃ遠いですね、、、と皆さんに言われますが。

野生のカピバラを撮影したい気持ちでワクワク!ドキドキッ♪

いっぱいの私にとっては、遠いとあまり思わないんです!笑

カピバラフォトグラファー

松島 なみき(カピバラカピゴン)

1991年生まれ。静岡県在住。

日本中さまざまな施設でカピバラを撮影しています。


2012年の2月。

大学生時代に伊豆シャボテン動物公園で、

まるで人間のように温泉に浸かるカピバラに出会ったのをきっかけにカピバラの魅力にとりつかれ、カピバラに夢中の生活がスタートしました。

カピバラの生息地である南米の魅力に取り憑かれ、積極的に野生のカピバラの撮影をしています。

カピバラが分布する南米各国へ訪れ、それぞれの国の生息環境や景色と共にカピバラがどのような姿で暮らしているのか写真に残していきます。

そんなわたしがカピバラを撮るときのテーマは、

『のほほん。のんびり。イキイキッ♪』

いつも、のんびりとしているカピバラですが、根気よくジーッと観察していると実はとっても『イキイキッ』した動物なんです♪

普段見ることのないカピバラの姿を見てもらって、幸せと元気をいっぱい感じてもらいたいです。

©️Copyright © Daisen capybara capygon Pasture All rights reserved.