南米撮影 Part1 in パンタナルへ向けて

2019年 8/6〜8/16 の10日間 カピバラを求めて、

南米の“ど真ん中”に位置するパンタナル湿原へ撮影へ行ってまいります。

ここは、ブラジル・ボリビア・パラグアイにまたがる世界最大級の湿地で、

その広さは日本の本州とほぼ同じ。

この時期、日本は夏真っ盛りですが南米が位置するのは南半球です。

そのため、季節は日本と逆の冬にあたります。

しかし、パンタナールには冬というシーズンは存在しません。

そのかわり、雨の少ない乾季が訪れています。

乾期は比較的、虫の発生が少なくそのため海外からの観光者も多く訪れるようです。

その観光者の多くの目的は“釣り”や“動物観察”です。

パンタナルに生息する動物の中でも特に人気なのがネコ科の“ジャガー”です。

さらに、ここに生息するジャガーは取り分け体が大きいのが特徴です。

それは、豊富な自然のおかげで“エサ”に困ることがないためです。

その大きな体のジャガーを撮影しようと欧米のフォトグラファーたちも多く訪問するようです。


確かにジャガーを撮影したい気持ちもありますが。。。

あくまで私の目的は「のほほん。のんびり。イキイキッ♪」野生のリアルな”カピバラ”の姿を多くの人に知ってもらうこと。

撮影中にジャガーが現れたからと言って、カピバラから目を離すことは許されません。笑


さあ!国境をこえてカピバラの魅力をどんどん広めていくぞーー!

カピバラフォトグラファー

松島 なみき(カピバラカピゴン)

1991年生まれ。静岡県在住。

日本中さまざまな施設でカピバラを撮影しています。


2012年の2月。

大学生時代に伊豆シャボテン動物公園で、

まるで人間のように温泉に浸かるカピバラに出会ったのをきっかけにカピバラの魅力にとりつかれ、カピバラに夢中の生活がスタートしました。

カピバラの生息地である南米の魅力に取り憑かれ、積極的に野生のカピバラの撮影をしています。

カピバラが分布する南米各国へ訪れ、それぞれの国の生息環境や景色と共にカピバラがどのような姿で暮らしているのか写真に残していきます。

そんなわたしがカピバラを撮るときのテーマは、

『のほほん。のんびり。イキイキッ♪』

いつも、のんびりとしているカピバラですが、根気よくジーッと観察していると実はとっても『イキイキッ』した動物なんです♪

普段見ることのないカピバラの姿を見てもらって、幸せと元気をいっぱい感じてもらいたいです。

©️Copyright © Daisen capybara capygon Pasture All rights reserved.