南米渡航のための予防接種

南米へ訪問する場合には予防接種は必須です。

比較的短期間、1週間程度の訪問で密林の奥地へ足を踏み入れる訳でなければ、

・マラリア

・黄熱病

の接種を推奨します。

何度も訪問する予定があったり、密林の奥地へ向かうのであれば

・破傷風

・A型肝炎

・B型肝炎



マラリアは注射での予防接種ではなく、飲み薬で予防をします。

黄熱病は予防接種を受けると、予防接種証明書(イエローカード)が発行されます。

この証明書は、携帯していないと入国できない国や複数の国を渡航する場合に予防接種証明書の提示を求められる国があるため大切な証明書です。

渡航の際にはパスポートと共に持ち歩くのが良いです。


カピバラフォトグラファー

松島 なみき(カピバラカピゴン)

1991年生まれ。静岡県在住。

日本中さまざまな施設でカピバラを撮影しています。


2012年の2月。

大学生時代に伊豆シャボテン動物公園で、

まるで人間のように温泉に浸かるカピバラに出会ったのをきっかけにカピバラの魅力にとりつかれ、カピバラに夢中の生活がスタートしました。

カピバラの生息地である南米の魅力に取り憑かれ、積極的に野生のカピバラの撮影をしています。

カピバラが分布する南米各国へ訪れ、それぞれの国の生息環境や景色と共にカピバラがどのような姿で暮らしているのか写真に残していきます。

そんなわたしがカピバラを撮るときのテーマは、

『のほほん。のんびり。イキイキッ♪』

いつも、のんびりとしているカピバラですが、根気よくジーッと観察していると実はとっても『イキイキッ』した動物なんです♪

普段見ることのないカピバラの姿を見てもらって、幸せと元気をいっぱい感じてもらいたいです。

©️Copyright © Daisen capybara capygon Pasture All rights reserved.